オイルシャンプーがべたつく理由|洗浄成分に注意して!

「オイルシャンプーを使うと、髪がべとべとするって本当?」

 

「どんなオイルシャンプーなら、べたつかないの?」

 

 

オイルシャンプーをこれから使おうと考えている方へ。

 

 

たしかにオイルシャンプーの評判はとても良いものです。ですが、中にはべとつくという話もあります。

 

 

下手に使って、髪がべとべとになるのは避けたいですよね。不潔っぽい印象もありますし。

 

 

最近は「濡れ髪」も流行っていますが、油でべとつくと重たいだけの印象になりますので。

 

 

べとつきについて、詳しく見ていくことにしましょう。

 

 

オイルシャンプーは、べとつくもの?

 

そもそも、オイルシャンプーでべとつくのは、仕方がないことなのでしょうか。

 

 

そんなことはありません。

 

 

洗浄成分、保湿成分ともにオイルが使われているのはたしかです。ただしあくまで、皮脂を落とすための油分です。

 

 

そして、頭皮を水分の蒸発から守るための油分ですので、使ってべとべとになるものではありません。

 

 

ただし、べとつきが出るのは「オイルシャンプーの質」に問題があるのです。

 

 

オイルシャンプーならどれでも同じように見えますが、実際はそんなことがありません。

 

 

配合されている成分によって、大きく異なりますので注意をしていきたいところです。

 

 

べとつきが起こるケースとして、次の2つが考えられます。それは「髪」と「地肌」です。

 

 

髪がべとつく場合

 

オイルシャンプーの保湿効果を保ちたいからといって、洗い流しを中途半端にする方がいます。

 

 

気持ちもわかりますが、そうなると毛髪に油分が残ってしまいべとつきになります。

 

 

他のページでも申し上げましたが、シャンプーは基本「洗い流すもの」であって、髪に残すものではありません。

 

 

髪のコンディションを保ちたいのであれば、シャンプーではなくコンディショナーを使う必要があります。

 

 

髪に残ってもべとつきが起こりにくいように、作られているからです。

 

 

理屈の上ではシャンプーで髪を守れそうなイメージがありますが、シャンプーにそこまで求めることはできませんので。

 

 

地肌がべとつく場合

 

オイルの油分が強くて、地肌にそのまま残っている可能性が高いです。

 

 

オイルシャンプーの中でも、頭皮に残りやすいものと残りにくいものがあります。

 

 

基本はすすぎ洗いをしっかりするべきなのですが、それでも残る場合があります。

 

 

ただし、皮脂をしっかり落とそうとして二度洗いをするのはNGです。

 

 

皮脂や油分が地肌にまったく残らない状態ですと、今度は逆に乾燥を防ぐために皮脂が大量に分泌されてしまいます。

 

 

ですので、洗いすぎると逆に頭皮がべたつき、皮脂が参加してニオイのもとになるので注意をしたいところです。

 

 

オイルシャンプーの成分にも注意

 

オイルシャンプーという宣伝がされていても、実際は石油系の界面活性剤がメインで使われていた、ということがよくあります。

 

 

石油系とは、近所のドラッグストアで数百円程度で買えるようなシャンプーに含まれています。

 

 

石油系が原料代が安い代わりに、洗浄力が強すぎて頭皮の皮脂をごっそり奪ってしまいます。

 

 

すでにお話ししましたが、皮脂が大量に奪われると、皮脂不足を体内センサーが検知して、皮脂を出してべとつきます。

 

 

オイルシャンプー選びを慎重にすること、しっかり洗い流すことさえできれば、べとべとすることはないでしょう。

 

 

オイルシャンプーは、洗浄力だけで期待するなら使った方が良いです。

 

 

ですが保湿や髪のコーティングを期待するのであれば期待ハズレになる可能性が高いのです。

 

 

総合力で考えるのであれば、アミノ酸シャンプーを使うのが良いでしょう。ただし値段は高いという欠点もありますが。

 

 

オイルシャンプーは本当に髪にいいの? >